「店長の専門用語講座」


VPとは


店 長「さて今回はVPと言う事だったな」

多恵香「・・・・・・・」

店 長「・・・多恵香君?」

多恵香「なんで私がこんなところに出なければいけないの?」

店 長「君一応主人公でしょうが。わがまま言ってると聖に言いつけるよ」

多恵香「う・・・・・」

店 長「納得したようなので解説に戻ろう」

多恵香「そういえば妥当って言われたんで変えるって・・・」

店 長「そういう事を言う奴がいるから更に裏をかいて戻した」

多恵香「まぁいいけどね・・・」

店 長「さて、普段、私達はVPと呼んでいるわけだが、これは“ヴァーチャル・パペット”の頭文字を取っている」

多恵香「・・・VUは“ヴァーチャル・ユニット”だよね」

店 長「そうだ。今では殆ど現実と見分けがつかないのだが、ヴァーチャルと言う呼びかたは未だに残っているわけだ」

多恵香「やっぱ昔は簡単に見分けがついたの?」

店 長「付いた。はっきり行って1998年頃でも、現実そっくりなんて仮想世界を創るなんて事は・・・出来たかもしれんが、一介のゲーム機に導入できるようなもんじゃなかったよ」

多恵香「コスト的にってこと?」

店 長「それもあるが、基本的に普及してるレベルのCPU(中央処理装置)では処理速度が追い付かない(苦笑)」

多恵香「ふーん。・・・ところでパペットとユニットの違いは?」

店 長「これはいまいち判断がつきにくいんだ」

多恵香「え? 自分で聞いといてなんだけど、人型かそうじゃないかじゃないの?」

店 長「それだと、カプリコーンやフロッガーなんかはVPでは無い事になってしまうだろ?」

多恵香「あ、そうか・・・なら手足が付いてるか付いてないか」

店 長「クロウラーなんかは足が付いてるとは言いがたい(苦笑)」

多恵香「う・・・」

店 長「決めた人にでも聞かないと本当の所はわからないが、私なりには、マニピュレーターを、移動ないし攻撃に使用“していないもの”VUで、それ以外がVPだと認識している」

多恵香「飛行機や戦車の作り物を“人形”とは言わないから、ぬいぐるみにした時に“人形”って呼べるものはVPって定義はどうかな?」

店 長「それでもいいだろうね(苦笑)」



トップページへ