「新・店長の専門用語講座」


現在のB-A(ブレイクエイジ)


店 長「あぁ懐かしき、この雰囲気!」

五 月「久しぶりですもんねぇ。コニー本社のマネージメント研修で1年間もほったらかしにしとくんですから」

店 長「なに、優秀な店員が居るからね。そう心配しはして無かったよ。それに時々連絡は入れてたぞ?」

五 月「本当に、ときどきでしたけどね」

店 長「あー・・・・さて、今回のお題は、現在のブレイクエイジだ」

五 月「? 前と言うか、最初の頃にやりましたよね?」

店 長「やった。だが、あの当時からだいぶ状況も変わっているしな、だから“現在の”だ」

五 月「実質、一年以上ですもんねぇ」

店 長「しつこい奴は置いておいてと」

五 月「酷い・・・・」

店 長「・・・おほん。さて、ブレイクエイジは、現在も展開を続けている」

五 月「今出ているのは、コミックと小説とOVAでしたよね?」

店 長「そうだ。コミックが全10巻が完結した後も、小説でずっと続いている。コミック版では、ボトルシップトルーパーズと言う外伝があったんだが・・・これは1巻だけで休刊している」

五 月「人気なかったんですか?」

店 長「いや、作者の馬頭ちーめい先生が、体を壊されて仕方がなしにだ」

五 月「あぁ、漫画って凄く酷使しますもんねぇ」

店 長「・・・経験あるのか?」

五 月「え? いや、一般論ですよ・・・・・一般論です。」

店 長「ふーんまぁいいけどね」

五 月「あ、店長が居ない間にDPも、新システムに変わってますよ」

店 長「新といってもマイナーアップがメインだろ? デンジャープラネットⅣ以降は、革新的な改革はなされてないからな。安定期と言ってしまえばそれまでだが」

五 月「まぁそれは・・・。Vは楽しみにしているんですけど・・・・なんか、結局システム的には、転送速度とかデータ量とか、ハードウェア面の強化みたいなもので終わりそうなんですよねぇ。VPの製作者としては面白い機械がつまらない機械になりあがったような・・・・」

店 長「え?」

五 月「・・・・・・・・え?」

店 長「・・・・・・・・」

五 月「・・・・・・・・」

店 長「・・・・あぁそういう事か、なるほどなるほど(ニヤニヤ)」

五 月「何ですか店長、変態みたいな笑い方して」

店 長「へ、変態・・・・後で覚えとけよ・・・。ともかく、五月君。君、最近の噂知らないの?」

五 月「噂・・・ですか?」

店 長「“幸せを呼ぶ青い鳥”の噂」

五 月「??」

店 長「先行で、オープンテストをやってる店舗でさ、バトルロイヤルに、今までのVPでは、ありえない動きをする、可変VPが猛威を振るっているってさ」

五 月「ありえない・・・ですか?」

店 長「というわけで気になる方は、エンターブレイン・ファミ通文庫 『ブレイエイジEX ロロゾオ・ブルー1~6』以降続刊を参照だ」

五 月「誰に言ってるんですか?」

店 長「いや、広告しとかないと、コニー社がうるさくてな。まぁともかく、DPもまだまだこれからって話だ」



トップページへ